新人対談
はじめに、現在の仕事内容についてお聞かせ下さい
S
私は皮膚科クリニックの門前薬局に勤務し、調剤、投薬、服薬指導などを行っています。忙しく処方箋の枚数も多いのでミスがないように気をつけています。
K
私も皮膚科クリニックの門前薬局に勤務しています。皮膚科の特徴としては、調剤の中でも軟膏剤の混合調剤が多いことですね。技術が必要なので、余裕を持って慎重に行うようこころがけています。
M
私の勤務先は内科クリニックと整形外科クリニックの門前薬局ですが、遠方の総合病院や介護施設、在宅診療のドクターの処方箋も扱っていて、ほぼ全診療科目を担当しています。
扱う薬の種類も多そうですね。
M
そうですね、1400種類ほど取り扱っています。
1400!それはすごいですね。ではTさんお願いします。
T
私の勤務先は内科・呼吸器科クリニックの門前薬局です。呼吸器科の専門として地域で有名なクリニックなので遠方からも喘息の患者さんが来院されます。
「吸入薬の吸入指導」が多いのが特徴ですね。
担当クリニックの診療科目によって特徴があるようですね。
薬剤師を目指したきっかけは?
T
母が病院の薬剤師で、小さい頃から仕事ぶりを間近で見てきて興味を持ったのが最初のきっかけです。
あと、薬剤師は患者さんと話す機会が多いですよね。私は人と話すことが好きなので、そこも薬剤師を目指した理由です。
K
私は安定した収入と職につきたかったというのが一番ですね(笑)
めちゃめちゃ本音ですね(笑)

K

あと、理系が好きだったことと、看護師をしていた親から「薬剤師いいよ」とすすめられたことも理由です。

S

私は子供時代、小児ぜんそくで体が強い方ではなかったんですね。そのせいで病院や薬に関わる機会が多く、「なんで薬を飲むと体が楽になるんだろう」と感じていました。
それがきっかけで薬に関わる仕事がしたい、薬剤師になりたい、と思うようになりました。

M

私は理系分野の職業につきたいと思っていて、薬剤師はその選択肢の1つでした。大学進学の際、いろんな可能性がある中で悩みつつも薬学部を選んだのですが、正しい選択でしたね(笑)。
「薬の専門家」としてひとつのものを突き進めていくのは、私の性格的に合っているようです。

なぜトリニティーを志望しましたか?
S
就活の時、企業説明会でいろいろな病院や企業の説明を聞きました。その頃、薬局薬剤師に興味を持ち始めていたのでトリニティーの説明会にも行ったところ、薬局見学もできるということで、後日行ってみたんです。みなさんがいきいきと輝いていたのが印象的で、「ここで働きたい!」と思いました。
薬局薬剤師に興味を持たれたのはどういう理由で?
S
大学時代、実習で初めて薬局薬剤師の仕事を体験して、「患者さんと直接関われて責任と同時にやりがいを持てる仕事」だと感じたからです。
T
私は学力にあまり自信がなくて国家試験にも落ちたんですね。しかも2回・・・。その時にトリニティーのホームページで「国家試験リトライサポート」というのを知り、それがとても心強かったです。
K
私は将来独立したいという夢があったので、独立支援制度があるトリニティーを選びました。
また福利厚生が充実している点も魅力でした。あと、説明会の時、担当の方がすごく話しやすかったのが印象的でしたね。

M

私は大学の研究室の教授からトリニティーを紹介されたのがきっかけです。
トリニティーの社長と話をする機会をいただき、そこで成長途上の会社であること、若い社員が活躍していること、上を目指せる社風であることなどを聞き、「この会社ならいろんな経験がつめる!」と感じました。
病院勤務や地方研修への参加なども希望すれば融通してもらえるのでそこも決め手でしたね。

教授から紹介とのことですが、研究室の先輩がトリニティーに入社されていたんですか?

M

トリニティーの社長が元々この研究室に在籍されていたんです。

それで直接社長と話をする機会があったんですね。

M

そうですね、一番最初に話したのがいきなり社長でした(笑)。

本日紅一点のSさん、「女性の働きやすさ」も気になりましたか?

S

はい、気になりましたね。
説明会で有給や産休についてたずねたら「有給や産休・育休も取得率は高いですよ」とのことで安心しました。女性が長く勤めることができる環境が整っていて、子供を育てながら仕事を続けられる点は魅力だと思います。

入社後に感じたことをお聞かせ下さい
M
新人は知識も経験もないですが、患者さんにとっては10年のベテランであろうと1年の新人であろうと同じ薬剤師なので、その差を埋めることに最初は苦労しましたね。経験を積んで説明もしっかりできるようになると、患者さんも話を聞いてくれるようになりました。自分が成長すれば患者さんとの関係も良い方向に変わるんだなと自覚した時は嬉しかったです。
K
私の場合は分からないことは何でも教えてもらえる安心感がありました。
嬉しかったのは、日々知識が増えていくことですね。分からなかった点はあとで勉強したり、業務的なこともどうやれば効率的にできるか考えるのが楽しいです。
逆に辛かったことはありましたか?
K
難しい処方箋に手間どって患者さんを待たせてしまったことですね。

T

私も同じです。患者さんを待たせてしまい怒られた時は辛かったです。あと、患者さんとはなるべく長くお話ししたいのですが、そうすると待ち時間も長くなるのでそのバランスは難しいですね。

Tさんの嬉しかったことは?

T

現場研修でいきなり赤ちゃんの投薬を経験したのですが、お母さんのいろんな質問に全然答えられなくて。何を勉強してきたのかとショックでしたが、上司が「研修期間はいっぱい間違えても大丈夫だから」とフォローしてくれました。
その後もその親子と何度か接していたのですが、ある日、いつも一緒のもう一人のお子さんが私の説明を聞いて「あのお兄ちゃんのお話はすごくわかりやすい」と言ってくれて、それがとても嬉しかったです。

S

私が感じたことは現場で必要な知識と学校で学んだ知識は別物なんだなぁということです。学生時代の勉強はもちろん役立っていますが、社会人になってからも日々勉強の毎日です。
嬉しいことといえばこんな出来事がありました。ある患者さんから薬について質問を受け、緊張しつつも一生懸命対応したところ「あなたに聞いてよかったわ」と言ってもらえたんです。そして後日、来院された際に「この間説明をしてくださった方ね」と。顔を覚えてもらったことがとても嬉しかったです。

新入社員研修についてお聞かせ下さい
M
新入社員が9名、1ケ月座学の研修を受けました。
大学で学んだことの復習や現場で知っておかなければならない知識、服薬指導のロールプレイングなどを行いました。
T
座学のあとは現場研修が2ヶ月。現場に出る前はかなりプレッシャーを感じていましたが、座学とロールプレイングのおかげで思ったよりもスムーズにできました。
とは言うものの、初めての実践なのであたふたすることも多かったですね。
K
私も同じです。患者さんから質問を受けて、その場で対応できないこともありましたが、そんな時も常に先輩がそばにいてくれてフォローしてくれるので安心して現場に立つことができました。
T
そうそう。みなさんとても親切で、どんなことでも気軽に質問でき、現場研修でいろんなことを学ばせてもらいました。
S
あと、座学の1ケ月間は同期全員が一緒だったので、みんなとコミュニケーションがとれたことも嬉しかったです。新入社員9名のうち女性は私一人だけなのですが、今では男女関係なく仲良くしています。
本配属後も、社内に同期の仲間がいると思うととても心強いですね。
仕事の中で心がけていることや目標は?

K

まずは、同じミスを繰り返さないことですね。
あと、患者さんに気持ち良く帰っていただくことを意識しています。急いでいる方には素早く、説明が必要な方には丁寧に、一人ひとりの様子に気を配りその方にあった対応を心掛けています。
また、将来の目標は独立なので薬剤師としてのスキルアップはもちろんのこと、経営的なスキルも身につけられるよう日々努力をしています。

S

私は薬の知識の幅をもっと広げていきたいですね。目標は認定薬剤師の資格を取得することです。そのために薬剤師会が開催している研修にも積極的に参加しています。トリニティーには認定薬剤師資格取得のサポート制度もあるので今後はそれも利用していきたいと思います。

M

(門前薬局以外の)介護施設の場合、薬はヘルパーさんを介して患者さんに渡り、薬の説明はヘルパーさんが行います。なので、ヘルパーさんにもしっかりと理解してもらえるよう、よりわかりやすく丁寧に伝えるよう心がけています。
将来の目標は、ドクターと一緒に往診し直接患者さんを診れるようになりたいです。

T

私は、患者さん一人ひとりとのコミュニケーションを大切にしたいと思っています。調剤薬局の薬剤師は地域と深く関わる存在なので、患者さんやそのご家族との絆を育み地域にとってなくてはならない薬剤師になるのが目標です。

就職活動中の後輩にアドバイス・メッセージをお願いします

M

トリニティーは成長途上の会社なのでいろんなことにチャレンジできます。やりたいことを伝えるとそれを尊重し、実現に向けてサポートしてくれます。1年目からでもどんどん意見が言える環境ですよ!

S

トリニティーはとにかく風通しが良く、先輩たちも親切な会社です。今日も先輩と一緒に外でランチをしてきたのですが、人間関係や雰囲気の良さが仕事での円滑なコミュニケーションにつながっていると思います。
また、女性もたくさん活躍しているので、結婚や出産のあとも長く働きたいという方におすすめです!

K

トリニティーには「国家試験リトライサポート」があるので安心です。
学生の間でもサポートしてくれるのであきらめずに頑張って下さい!

T

トリニティーは平均年齢が若く、和気あいあいとした楽しい職場です。
仕事でもプライベートでもみんな仲が良くて、この夏は近隣の調剤薬局のスタッフで集まりバーベキュー大会をしました。
皆さん、ぜひ、トリニティーで私たちと一緒に働きましょう!

このページのTOPへ

TRINITY

トリニティーグループ
【本部】 〒468-0074 愛知県名古屋市天白区八幡山1553番地  TEL 052-831-1300  FAX 052-861-1325
調剤薬局 | トリニティーグループは、地域に根ざした信頼される薬局として皆様をサポートしております。また、医師・薬剤師の独立開業支援も行っております。
トリニティーグループの調剤薬局は、現在、東海を中心に愛知(名古屋市名東区、名古屋市天白区、豊田市、稲沢市、安城市、碧南市、豊橋市、大治町)、岐阜(関市、美濃加茂市、可児市、羽島市、大垣市)、三重(津市、伊賀市)、福井(坂井市、若狭町)、石川県(金沢市)、兵庫(川西市)、東京都(府中市)をカバーし、薬剤師の就職転職も募集しております。 是非お気軽にお問い合わせください。
2012 TRINITY © All Rights Reserved.